トップページ >> 商品紹介 >> 水素水サーバーSOMA >> 水素と活性酸素の秘密

▼ そもそも活性酸素って何?

老化や病気の一因として耳にする「活性酸素」。

身体を酸化させ、老化や生活習慣病の一因となる、悪者イメージの活性酸素ですが、果たしてこの活性酸素ってどんな物なのでしょう?

生きていく為に酸素を吸っている人間は、活性酸素によって酸化=老化とは切っても切れない縁なのです。< 呼吸で取り込んだ酸素のうち約2%が化学的に活性になって非常に強い酸化力を示す物質に変化し活性酸素が発生します 。

活性酸素は、環境汚染(排気ガス・放射線・紫外線・水質汚染・大気汚染)、異物混入(細菌・ウィルス・カビ・タバコ)、激しいスポーツ、ストレス、病気等の影響によっても体内で大量に発生します。

実は活性酸素には、善玉活性酸素と悪玉活性酸素の2種類があって全てが悪者ではありません。
善玉活性酸素(スーパーオキシド等)は、 高い反応活性により、外部から入り込んだ細菌・カビ・微生物等を殺菌・除去する役割を持っていて、神経伝達や血管新生、 免疫力向上等で生命維持に必要なものです。
悪玉活性酸素(ヒドロキシラジカル等)は、非常に強い酸化力で酸化させて細胞に損傷を与えて身体を酸化=老化させて、病気や老化を促進させる悪い活性酸素です。 ですから善玉・悪玉両方の活性酸素を全て除去してしまうと免疫力が下がってしまうのです。酸化=老化させない為には、悪玉活性酸素だけを除去する事がカギになってきます。



▼ 水素が抗酸化物質の中でも優れている訳は!

一般的にビタミンC・ビタミンE・ポリフェノールなどの酵素を多く含む「抗酸化食品」を摂る事で、活性酸素を減らせる事は有名ですが、それらの食品は全ての活性酸素と反応するので、体に必要な善玉活性酸素まで減少させてしまうのです。 更にそれらの食品は抗酸化物質だけではありませんので、消化吸収した後に老廃物も発生して老廃物がまた酸化してしまいます。

水素が他の抗酸化物質と最も違う点は、善玉活性酸素には反応せずに悪玉活性酸素とのみ反応して無害な水に変わる事です。 更に他の抗酸化物質は、分子が大きいので脳の中に入ることができませんが、 水素は最も小さい原子なので、脳のフィルターまでも通過して脳の中にまで入っていけます。
水素は水にも油にも溶けるので、脂質の細胞膜を通り抜け、細胞内にも入れます。

水素は厚生労働省から食品添加物として認められておりますし、悪玉活性酸素と反応しても無害な水に変わるだけなので取りすぎても体に害はありません。
水素が悪玉活性酸素を除去出来る事で、医学者や化学者が老化や病気の治療や予防に役立てられないかと研究を進めています。


▼ 水素が悪玉活性酸素だけと反応して水に変わる!

なぜ、水素は体に害のある活性酸素だけを取り除くことが出来るのでしょうか?
活性酸素には、「善玉活性酸素」と「悪玉活性酸素」の2種類があります。

善玉活性酸素(スーパーオキシド等)は、高い反応活性により、外部から入り込んだ細菌・カビ・微生物等を殺菌・除去する役割を持っていて、神経伝達や血管新生、免疫力向上等で生命維持に必要なものです。
悪玉活性酸素(ヒドロキシラジカル等)は、非常に強い酸化力で酸化させて細胞に損傷を与えて身体を酸化=老化させて、病気や老化を促進させる悪い活性酸素です。

この善玉と悪玉の活性酸素には性質の違いがあり、その違いが水素と関係してくるのです。 善玉活性酸素と水素は同じ球体同士でお互いに反応しない性質を持つのに対し、悪玉活性酸素はギザギザしていて吸着力が強く水素と反応しやすい性質を持っています。 反応しにくい性質同士の善玉活性酸素と水素は反応することなく、吸着力の強い悪玉活性酸素とのみ水素が反応して無害な水に変わります。


▼ 水素水のQ&A

Q.水素水の保存容器は何がいいですか?
A.水素は粒子が非常に細かくて、ペットボトルやプラスチックも通り抜けてしまうので、ペットボトルやプラスチック容器は避けましょう。アルミパックも長期間おくと口の部分のプラスチックから水素が抜けてしまいます。更に水素は酸素に触れると還元して水に変わってしまいます。 水素水の適切な保存方法は、水素を通さないアルミボトルに酸素が入らないように口っきり水素水を入れてから封をして下さい。

Q.水素水は1日にどの位の量をいつ飲むのが理想ですか?
A.活性酸素は起床時、運動、喫煙、飲酒やストレス等で大量に発生します。ダイリーグの選手が試合中に水素水を飲んでいる事は有名ですが、 起床時・運動後・喫煙後・会議後やストレスを感じた時にこまめに1日1リットルを目安に飲む事をお勧めします。


トップページ >> 商品紹介 >> 水素水サーバーSOMA >> 水素と活性酸素の秘密